スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/-- --:-- | スポンサー広告
要するにどういうこと?
【ドコモ、自転車シェアリング参入 予約・決済など携帯1台で 】

今日、NIKKEI NETをパラパラと見ていたら、目に入ってきた記事です。

一瞬、「ドコモ何やってんだ??」
と気になってしまったわけなんですが・・・。
(今日のブログで言いたいことと上の記事は特に関係ありません。)



こういう、新聞記事の見出し=リードの考え方って就活でも大事!!
とよく言われます。

確かに、僕も大事だと思います。
でもそれって、要するにどういうことなんでしょうか?

さて、新聞の読み方をご存知の方は
逆三角形』という言葉を聞いたことがあるかと思います。

簡単に言えば、
重要なことを記事の最初に持ってきて、
細かいことや軽いことを最後に持ってくる
という、記事の構成のことですね。

その頂点に来るのが
冒頭に挙げたような“リード”です。


このリード、就活生もよく使っています。
ES
面接
GWのプレゼン
などなど。

「結論ファースト」なんていう言い方もよくされますが、
実は、“リード”ってただ結論を書くのとは違うんです。


ちょっと昔に、実際にあったお話です。

アメリカのある高校で、ジャーナリズムの授業がありました。
その授業の初日、先生はある課題を出しました。
それは、ある新聞記事のリードを書くというもの。

記事の内容は、

「ビバリーヒルズ高校のケネス・L・ピータース校長は今日、次のように発表した。
来週木曜、同校の教師全員がサクラメントに行き、新しい教授法の研修を受ける。研修会では、人類学者のマーガレット・ミード、大学の学長であるロバート・ハッチンス博士、カリフォルニア州知事のエドマンド・“パット”・ブラウンらが講演を行う。」

生徒達は、一斉に人生初のリードを書き出したそうです。
それは、細かい差はあっても、概ね、こんな内容のものでした。

「木曜日、サクラメントでパット・ブラウン州知事、マーガレット・ミード、ロバート・ハッチンスがビバリーヒルズ高校の教師を前に講演する。」

少し長い気はしますが、上のリードは事実を整理してよくまとめられていますよね。
では、この記事の本当のリードはなんでしょうか?

それは、
「来週の木曜は、休校となる。」
だそうです。

もし、これを当てられた人がいたとしたら、僕は無条件でその人を尊敬します。笑

ただ、この話はある一つの大事なことを教えてくれます。

重要なことは、それを伝える相手によって、切り口が変わる。

ということ。

コミュニケーションで大切なのは、
事実を正確にわかりやすく伝えることだけではありません。

それが、伝える相手にとって何を意味するのか、
なぜ重要なのかを伝えること
がとても大切なんですね。


就活生のみなさんは、
そんな“リード”、書けていますか?


就活生ブログランキング参加中です☆
よかったらクリックお願いします♪




スポンサーサイト
12/01 11:38 | 就活 | CM:0 | TB:1
しょうとつ 【衝突】・・・練る。内容の改善を検討し、行きつ戻りつしながら進んでいるさま。
火曜の夜にNHKが放送してる『プロフェッショナル-仕事の流儀』っていい番組ですよね。
僕は放送自体はあまり見たことなかったんですが、最近になって、過去の内容が全部コラム化されているのを利用してよく読むようになりました。


その中に一人、カーデザイナーの方が載っていました。
彼にとっての仕事の流儀とは、
“新しいものは「衝突」から生まれる”
というもの。

これ、僕は正しいと思います。

新しいものっていうのが
今日までの自分に考えつかなかったものなら、
ミーティングで対立もしないで生まれるはずないと思うんです。
 (ブレストとかのテクニック的な話は置いといて。)


この「衝突」っていう一段階をクリアできたから、
それは新しいし、価値があると言えるっていうか。

すごく追い詰められるし、つらいけど、
これがなかったらいいものは創れないと思います。


こんなことを前提としつつ、


自分の主張が相手に認められるって、嬉しいことですよね。
だから、いろんな準備をしてわかってもらおうとする。

この準備って、基本的には自分一人でやることですが
僕は、この準備でどんなに気をつけていてもやってしまうことがあります。

それは
“自己満足”と“独りよがり”

気合入れて取り組んでいると、なおさらこの傾向は強く。。。

就活にも当てはまるんですよね。これって。
気合入れて、何時間もかけて書き上げたES(エントリーシート)。
面接で言おうと思っている自己PR。

周りの人なら一目でわかるのに、自分ひとりじゃ絶対に気づけない。

これが、独りってことの弱点だし、解決すべき問題点。

そこで、よく言われるのは『先輩を利用しろ』ってこと。
先輩に相談すると色々な改善点を見つけることができますから
これは絶対したほうがいいんですが。。。

そんな時、就活生に気をつけて欲しいことが一つだけあります。

それは「鵜呑みにするな」ということ。

優れた指摘を受けたとき、
人って思わず思考停止してしまう気がします。

そこで、
自分なりに噛み砕いて、
新しくいいものをつくるため

「衝突」、してみましょう。
自分が何を考えて最初のESを書いたのか。
書くために、悩んだ色々なことをぶつけてみましょう。
そこをクリアしたら、残った成果は絶対に大きなプラスになっているはずです。



今日はここまで。


就活生ブログランキング参加中です☆
よかったらクリックお願いします♪





11/29 10:49 | 就活 | CM:0 | TB:1
脳に汗をかけ!!
こんにちは。
今日は、僕が運営に参加している就活団体エンカレッジの企画する、
就活合宿について
告知をしたいと思います。

今皆さんが挑もうとしている11卒就活戦線は、昨年と同様厳しい氷河期です。
楽勝だなんて気休めは言えません。
その苦しさのあまり、目先の内定をゴールとして設定してしまうせいで、
自分とのマッチングができていない企業までエントリーし、対策し、
演技』することに力を注いでしまう就活生がいます。

でも、もし、自分のゴールを内定の先に置いたら・・・?
僕たちが必死に追いかけていた内定は、それぞれのゴールを達成するための手段の一つでしかないんです。

それでは自分にとって、内定の先にあるゴールってなんなのか?
以前にも書きましたが、
これ、すごく重要な自問です。

今回、僕たちが提案する就活合宿では、
この究極の自問への答えを見つけるために最強のパートナーに集まってもらうことになりました。

就活生の皆さんには貴重な時間を割いてもらうことになりますが、
絶対に後悔はさせない自信があります。

以下が詳細です。
すこしでも興味が湧いたら、ご連絡ください。

【プログラム】
人生には仕事とそれ以外の時間に分別できると思います。
だから、どちらかが充実していてもどちらかが充実していなかったら
人生として充実しないのではないかと考え、
仕事軸からの計画とそれ以外の軸(例えば家族)の計画を立てます。
初日
・キャリアプランニング
講師:汐見英里子様
HP:http://03methods.jimdo.com/
ブログ:http://ameblo.jp/03methods/

・ライフプランニング
講師:ソニー生命保険株式会社様
HP:http://www.sonylife.co.jp/index.html?cid=glc0000150

・交流会

2日目
・ES・面接対策
リクルートエージェント様
http://www.r-agent.co.jp//info/lp/all/20080717_1/?vos=nabladww080609001

【日時】
11月14日(土)9:00~15日(日)17:00
14日は8:30現地集合

【費用】8,000円(宿泊費・食事代・交流会費用含む)

【場所】
八王子セミナーハウス
http://www.seminarhouse.or.jp/
交通案内
http://www.seminarhouse.or.jp/access/index.html
南大沢駅またはJR八王子駅よりバスで野猿峠までお越しください
八王子駅よりバス25分
南大沢駅よりバス30分
バスの時間はここで
http://www1.bus-navi.com/pc/index.php

【定員】35名
先着順です!!

質問などは、
エンカレッジ
en-college@hotmail.co.jp
までよろしくお願いします。

また、参加希望の方も上記のアドレスに
件名に就活合宿参加希望と明記の上
1、氏名
2、大学・学部
3、参加をしようと思った理由(簡単で構いません)
を書いて送ってください!!

団体について詳しく知りたい方はHPをご覧ください。
http://encourage.rakurakuhp.net/

エンカレッジ協力者内定業界先
・NTT西日本
・トーマツイノベーション
・博展
・三井住友銀行
・IHI
・パナソニック電工
・芝信用金庫
・ミリアルリゾートホテルズ
・みずほ銀行
・あいおい損保
・日本生命保険
など、多数


今日はここまで。


就活生ブログランキング参加中です☆
よかったらクリックお願いします♪



スレッドテーマ [ 就職・お仕事 … 自分を磨く ]
10/28 03:41 | 就活 | CM:1 | TB:0
5W2H
こんにちは。
就活支援団体エンカレッジ広報担当のTOMOです。

今日は雨が激しかったこともあって、すごく寒かったですね!
就活生のみなさんも風邪をひくことのないよう、防寒対策は念入りに。


さて、
最近僕は内定先の企業から出された課題に悪戦苦闘しています。
どんな課題かというと、

「自分の会社を、何も知らない友人に紹介してください」

というもの。

就職活動を通して、また内定者研修などを通して
自分の会社のことは多少なりとも理解しているつもりでしたが、

自分の理解を他人に伝えるということは、
自分が理解するよりもずっと難しいことだと改めて認識させられています。
N木さんすみません。もっと勉強します。


最近、社会人の方と話す機会があり、相手の会社について伺ったりもするのですが、
同業他社と何が違うのか結局わからず、あとでネットで調べたりしています。
やはりネットだけでは十分ではないでしょうが。


ここからが今日の言いたいことです。

早い人では、少しずつ自分のやりたいことが見えてくる、絞れてくるこの時期。
自分が興味のある業界・企業を身近な人に紹介してみてはいかがでしょうか。

どんな人・会社が関わるのか。《who》
何をしているのか。《what》
いつが繁忙期なのか。また閑散期なのか。《when》
どんな地域で事業を展開しているのか。《where》
その事業にどんな意義・目的があるのか。《why》
どんな仕事のやりかたをしているのか。《how》
それらをどのくらいの価格で供給しているのか《how much》

とりあえず、5W2Hに沿ってみましたが、まだいろいろありそうですね。

人への紹介を通して、興味の出てきた業界・企業の理解が自分の腹にも落ちてくると
それらのどこに自分がひきつけられたのかが明確になってきますし、
それらが求めている人物像も浮かび上がってきます。


僕たちがやるべきことは山積みですが、頑張りましょう!!




今日はここまで。


就活生ブログランキング参加中です☆
よかったらクリックお願いします♪



10/27 03:03 | 就活 | CM:0 | TB:0
自分が身を置きたい環境
こんにちは。
TOMOです。
かなり夜が冷え込むようになったとおもったら、もう10月になっちゃったんですね。
2011年度就活生もいよいよ本格的な活動に移る時期でしょうか?

さて、今日は前回の記事『目的の分解と分析=自己分析の欠片』で書いたように、僕自身の仕事観を吐き出していこうとおもいます。

僕の現在掲げる目的、「誰もつくったことのないモノを創ること」を達成するために選んだ道は
広告業界への就職でした。

ただ、ここで言っておきたいのは、就活の前半戦ではじき出した広告業界という答えは僕にとって十分なものではありませんでした。
最終的には広告だけでなく、PRやありとあらゆるコミュニケーションに関わる世界を舞台に働きたいと考えています。


話を戻します。
なぜ、広告業界が僕にとって魅力的に映ったのか。

①幅広い業界人に会える
いろんな考えをインプットできるため、新しいアイディアを生み出しやすい環境

②ハードの変遷に柔軟
新聞からテレビへ、テレビからインターネットへと情報を伝えるための基盤は移りゆくが、その変遷に対応していく過程で常に新しいモノを創ることができる

③『伝える』という仕事が持つ意義の大きさ
世の中には優れた財・サービスがたくさんあるけど、もし、それを誰にも知ってもらえなかったら、その商品は存在しないのと変わらない。
人は自分が知ってる世界の中だけで生きているし、それは仕方のないこと。
だったら、人がその商品を『知る』過程に携わることは、誰かの人生を大きく変えるだけの意義があるはず。

④『伝える』という仕事が持つ天井の高さ
コミュニケーションってただ言葉を話せるっていう単純な行為じゃない。
同じ言語でも話し方や操る単語が少し違うだけで、言葉の受け手が持つ印象は全く異なる。
それだけに、難しい。
どこまでいっても「極める」なんてできないほど天井が高い。
これってやりがいがあるんじゃないか?



こんなところでしょうか。

もちろん初めからこんなこと考えてたわけでもないので、
合同説明会の会場を徘徊したりしてましたが。

最初はIT業界だったり、出版業界だったり、金融業界だったり・・・
つまみ食いしながら社員の方の話を聞いて回っていたんですが、皆さんそれぞれ仕事に何らかの魅力とやりがいを感じています。

それを聞いたときに、心の底から共感できるかどうか、また自分を同じ環境に置きたいと思えるかどうかがとても大事なことだと思います。


今日はここまで。


就活生ブログランキング参加中です☆
よかったらクリックお願いします♪



10/01 16:41 | 就活 | CM:0 | TB:0
template design by takamu
Copyright © 2006 TOMO All Rights Reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。